「Book」カテゴリーアーカイブ

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

フランス人の暮らしぶりに衝撃を受けた筆者(カリフォルニア在住のアメリカ人)の著書。
日仏の文化の比較かと思いきや、仏米間での文化の比較でした。

なので、日本人が読むと当たり前と思っている点があったり、
アメリカ式のライフスタイルが想像できない点もありました。

<要点>
自分に自信を持とう
不必要なモノ・コトに時間をかけない
足るを知る(今持っているものに満足する)
日常に潜む小さな幸せを認識する
TVを見ない→その分、他のことに時間を使おう
自分に似合ったものを着る(断捨離)
自分がどう見られたいか?
自分自身に投資をする
パジャマ・ガウンにお金をかけてみる?
食事に気をつける&食事を摂るときには集中する
本物にこだわる
水分補給に気をつける(フルーツ・野菜)→美肌
早起き
1日の始まりに英気を養う
自分のライフスタイルに合わせて必要なアイテムを揃える
謎めいた雰囲気を大切にする
プライベートなことを大っぴらにしない
自分自身&その日に会う人たちのためにお洒落をする

変化を起こそうと思ったら、まずは私が変わらなければならない By ガンジー

いつも身だしなみを整えておくのは、敬意を表すということ(自分自身、家族、恋人、出会う人すべてに対して)
姿勢も大切な要素(身のこなし、自信、コントロール)

”ジュ・ヌ・セ・コワ(何とも言えない魅力)” … 自信、ユーモアのセンス、遊び心、冒険心

一番良いものを普段使いにする(出し惜しみしない、とっておかない)
→良い物以外は捨てる

堅実なお金の使い方
→収入の範囲内で暮らし、モノに溢れた社会の誘惑を避ける
無駄な出費を抑える

 

<感想>
タイトルからの印象とは異なり、ワードロープの整理術以外に関して多く記述されていた。
本書の原題は「Lessons from Madame Chic 20 Stylish Secrets I Learned While Living in Paris」
とのことで、それも当然か。

しかし、翻訳された本書には、Chapter が16までしか無い。
残りの4つは一体どこへ行ってしまったのかが気になります…。

●Part 1 食事とエクササイズ
Capter1 間食はシックじゃない
Capter2 食べる喜びを我慢しない
Capter3 面倒がらずに体を動かす

●Part 2 ワードローブと身だしなみ
Capter4 10着のワードローブで身軽になる
Capter5 自分のスタイルを見つける
Capter6 ノーメイクみたいにメイクする
Capter7 いつもきちんとした装いで
Capter8 女らしさを忘れずに

●Part 3 シックに暮らす
Capter9 いちばん良い持ち物をふだん使いにする
Capter10 散らかっているのはシックじゃない
Capter11 ミステリアスな雰囲気を漂わせる
Capter12 物質主義に踊らされない
Capter13 教養を身につける
Capter14 ささやかな喜びを見つける
Capter15 質の良さにこだわる
Capter16 情熱をもって生きる

【読書メモ】仕事力を高めるデジタル文章術

仕事力を高めるデジタル文章術

IME…インプット・メソッド・エディター
おもいます…思います。その根拠は? と単語登録

日記をつけるためのリマインドカード
仕事、趣味、ヒント、健康、食事、友人、ファッション、電話、サプリ、本、テレビ、誕生日、住宅、メール、会議、新聞、上司、先生 というリストから日記の内容を決める → リマインドの活用 続きを読む 【読書メモ】仕事力を高めるデジタル文章術

【読書メモ】お金が貯まるのはどっち?

きゅうふり口座
メガバンクは避ける
 一生お金を増やせない

銀行お金を下ろす場所ではなくお金を借りる場所

成功者銀行からお金を借りて、それを上手に活用した
→   選択肢が沢山有る人生は楽しい
→   何かをやりたいと思った時に、すぐにチャレンジする事が出来る

将来が不安選択肢がない/少ないから

資産構築をするにあたっては、銀行が重要な役割を果たす
1:お金をきちんと貯めておく
2:銀行からお金を借りやすくしておく

メガバンク公務員や大企業の人のように安定している人にしか相手にしない
高収入で安定した将来が約束された人にしかお金を貸したくない
信用金庫地域の商店や中小企業に努める会社員などを主な顧客とする

宇宙で一番強い力金利の複利効果

信用情報センター…KSC, CIC, JICC

●すべての支出を割合で決めるようにすることが大事

貯金は余った金で行うのではなく、先に行うもの
家やマンションを購入した時には、団体信用生命保険がオススメ

不動産の販売手数料のコスト…3%6万円

72の法則…72÷金利=お金が2倍になる期間

コンビニのATM…ついで買いを誘導

できるだけ自分のお金を使わずに銀行から低い金利で融資を受け、それを元手にして大きなリターンを得る

【読書メモ】ファーストクラスに乗る人の人脈

一流の人ダメ出しを求めてさらに上昇する
三流の人褒めてくれる4流の人を探して自分も4流へと下がっていく

成長する前は、出来るだけ出会わないようにする。
 チャンスがないのは出会いがないからではなく、成長していないから。

情報ではなく、影響や刺激を貰いに行く
ネット情報で満足しない
一流は、自分より上の人にダメ出しを求める
褒めよりも厳しさを求める

【読書メモ】何のために働くのか

人はなんのために働くのか…生きがい(幸福感)を見つけること

働くことが人間性を深め、人格を高くする。
働くことは人間を磨くこと、魂を磨くことだ。 稲盛和夫

志…十(多数)、一(リーダー/リーダーシップ)、心
→ 理想を掲げて、リーダーシップを発揮して大衆を引っ張っていく
→ そういう責務を持って、世のため人のために尽くすもの

●人間としての根本を養うために実践するべきこと
①:心の糧になるような本を読む
②:自分が私淑できるような師を持つ
③:様々な経験や体験を踏まえて自分を練っていく

自分で自分を成長させていくように心がける
社会に出て活躍したいという気持ちがあるのなら、人間というものの探求が絶対に欠かせない

四書五経(論語、大学、中庸、孟子、易経、書経、詩経、礼記、春秋)
どのように判断し、どのように行動するか――。

勉強がいくらできても、人間的に未熟であっては意味が無い。

一生懸命に働けば、その見返りとして人間的に成長できる。
それともう一つ、「ご縁」が巡ってくる。

好き嫌いで判断している限り、決して自分の望んでいる仕事には巡り会えない。
→ まず一心不乱に仕事に打ち込むこと
→ 謙虚になって先輩に教えを請うてみること

素直であることが一番大事
→ なんでも素直に受け入れて、一心不乱に取り組む姿勢が大切
→ 受け入れてみなければ、いくら待ってもチャンスは巡ってこない

やってみなければ、自分の天職なのかどうかはわからない
1つのことを始めたら、簡単には諦めないでとことんやり遂げてみる。
→ 一芸に秀でる

Q.あなたはこれからの人生を、どういう人生にしたいと思いますか?

他人の話も聞けて、自分の意見もきちんと述べられる人間
自分の意見をきちんと述べるためには、日頃から自己観察をして、自分自身を分かっている必要性がある

●男は社会に出たら耳を欹てて、目を皿のようにして、あらゆることに真剣に生きていかないといけない

・躾と習慣

・天の存在を知り、自らを省みる
→ 天知る、地知る。君子必ずその一人を慎む
→ 任天・任運

・人を知るものは智、自らを知るものは明
→ 自分を知ることが最上の明
→ 汝、自らを知れ
→ 人生は自分探しの旅だ

・命を知らざれば、以て君子となるなし
・天を楽しみ命を知る。故に憂えず

●論語
信…約束を破らないこと。信頼を裏切らない
義…正しいことを行うこと。両親に照らして正しいか正しくないか
仁…思いやりの精神。相手の立場に立って物事を考えているかどうか。私利私欲が前面に出ていないか。

良い本は何回も読まなければならない
→ 一度読んで分かったつもりでいても、実は分かっていないことがよくある

人間としての成功とは、自分の使命を全うすることにあって、富や地位を得るといった、世俗的な成功は本当の成功とは言わない。
自らの使命に沿った生き方をして初めて本当の生き甲斐や幸せを得ることが出来る。

天命を発見しようとする熱意努力が必要となる。
→ 天は必ず何らかの形で啓示を与えてくれるから、それに備えて日々努力していく
→ 素直に受け入れて打ち込む
→ 節目節目に必ず何かしらの啓示がある

広くて大きなビジネスの世界に入ったほうがきっと面白い

艱難辛苦があるからこそ、チャレンジする甲斐がある。
自分の能力を自分で限定しない

・志…利他的なもの。共有され、後世に受け継がれていく
・野心…利己的なもの

1つのことが長続きしない…徳が欠けている

●生をより鮮やかなものとして意識するために、死を意識することが大事
→ 使命を果たすためにできるだけ健康・長生きしていかなければならないという気持ちになる
→ 惜命(命を押し無意識)が湧いてくる

いつ死が訪れるかはわからない
→ その中でいかにして生きるべきか?

●命を惜しむと生き方が変わる
→ 自らの健康に対して留意する気落ちが強くなる
→ 生への感謝の気持ち
→ 社会貢献への強い思い
→ 時間を惜しむようになる
→ → 無駄なことに使う時間はない
→ → 人生二度なし

天に任せて、今ここを生きる。そういう生き方をしなさい。
これこそが死の恐怖を超える唯一の道であり、自分の生命が終わっても永遠の生命へ繋いでいくことになる。

自分なりに自分の天命を悟って、それを生き切るべき。
→ そのためにも、日々の研鑽・努力は怠らない

●自分なりの死生観を持つ


●すぐに会社をやめてしまう若者
志が足りない
夜のため人のために何をするべきかという自分の使命や志雨を考える前に、給料や待遇といった私利私欲を優先して会社を選んでしまっている
→ 自分の会社の社会に果たす使命とは何か?
→ その会社の中で自分はどうあるべきなのか?
君子は道を謀りて食を謀らず

周りから生かされている/社会から生かされている
→ そういう世界に自分が存在していることに気づくと、他を思いやる気持ちが必要になると自然と気付く
思いやり=仁

死ぬまで自分の人格の修養を続けていく必要がある
経験を得る毎に、もっとそれを深めて、もっと高い境地で人格を磨いていかなくてはならない

親に孝を尽くせないものが、どうして君に忠することが出来ましょうか?

●知識・見識・胆識を持つ
見識…物事が正しいか間違っているかという判断がつくこと
→  知識、節操、倫理的価値観があって初めて物事の善悪がわかる

世の中を見渡すと、まともな事を言っているなと思う人はたくさんいる
→ 口だけの人も案外多い
→ そういう人は、自分への批判の声が高まると、時として黙りこんでしまう
見識は実行する勇気を伴って初めて生きてくる
→ 誰がどう言おうと関係ない
→ 世の中の毀誉褒貶は一切関係ないというスタイルで、自分が正しいと思うことを堂々と行っていく実行力が大切

胆識…実行力
→  知識は簡単に得ることが出来る
→  そこで満足していたのでは、到底本物にはなれない。

知識を正しい方向に使う見識、見識を実社会で実行する胆識まで揃って、ようやく人物といえるのではないか。

ピンチ…知恵も人も磨ける絶好のチャンス

【読書メモ】レバレッジ・リーディング


レバレッジ・リーディング

読書=投資活動そのもの
→  自分に投資すること

×…忙しくて本を読むヒマがない
→ 本を読まないから時間がない

●ビジネス書
→成功者のノウハウや知識が書かれている
×…自分一人で一から試行錯誤、何もかもやろうとする

今読んだ本の内容が、すぐに身につかなくても、その内容の蓄積は、自分のパーソナルキャピタルの含み資産となる。

第1章 ビジネス書の多読とは何か

・常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば
・誰かが素晴らしい成功を収めたということは、他の人にも同じことが出来るという証明である

●…本を読んで得た知識をビジネスに活かす(自分流にアレンジして)

本を全部読む必要はない

Q.動物と人間の違いは?
A.人間は書物を通じて人の一生を数時間で疑似体験できる。だから、本を読め。

・ゼロから何かを生み出す…大きな犠牲+多大な時間、労力が必要
→ 結果を出すために、時間や労力を使うようにする

実務家が自分の経験を書いたような本がオススメ

①目次→②あとがき を読んで、自分にとって役に立つかどうかを判断
インプットしたら必ずアウトプット

速読…目の動かし方を訓練して、全てを速く読む技術
多読…無駄な部分を切り捨てる技術

●大成する人というのは、その時点の収入額にかかわらず、人生全体を視野に入れたうえで、人生での総収入を増やすためのお金の使い方をしている

レバレッジ・リーディングでは、本に線を引いたり書き込みをしたりする。
→ 本は人から借りるのではなく、自腹で購入しよう

ビジネスの競争に勝つには、常に新しい考え方や情報を取り入れる必要がある。
→ 新聞や雑誌だけでは不十分。
→ 意識して新しい刺激を常に与え続ける

この本から何を吸収したいのか?を意識し続ける

第2章 本探しは物件選び

・あなたは5年後も今とは変わらないが、付き合う人や読む本なら変えられる

●本は探す段階からがとても重要
・目的を明確にする
→ 自分の人生の目標は何か? 現状の課題は何か? → 必要な本は自ずと分かるはず
・共用型よりも経験型を選ぶ
→ 難しい本はあまりビジネスにおいて役に立たない?
→ 即戦力になるのは自分にとって易しい本、読みやすい本である(理論よりも実践ノウハウ)
→ 他人の成功体験にレバレッジを掛ける … 著者がどんな人かは重要な要素
・まずは身近なテーマから
→ とにかく量を読もう
→ 何冊か読むうちに成功の秘訣がわかってくるはず

①テーマで選ぶ…目標から逆算して、現在の自分に必要な課題に適した本を選ぶ
②トレンドで選ぶ…世の中の流れをつかむ、予測するのが目的
③直感で選ぶ

・同じジャンルの本を徹底的に読む(カテゴリー集中法)
→ そのジャンルの本を手に入れるだけ全部徹底的に読む
→ 多読によって複数の意見を同時に参考にすることが出来る

・スクリーニングの技術
→ 自分の勘だけではなく、書評や口コミも参考にする
例:友人、知人、目利きの口コミ。メルマガの書評。新聞や雑誌の書評・広告。

第3章 1日1冊、ビジネス書を戦略的に読破する

・習慣は全て後天的なもの

●読書の流れ
1:本を読む目的を明確化する(読むところと読まないところの見当をつける)
2:制限時間を設ける(平均1〜2時間ほど)
3:全体を俯瞰する(まえがき、あとがき、目次をチェック)
4:読書開始(緩急をつけて読む、ポイントを押さえる)

●カラーバス効果
… 人間の潜在意識の効果は大きい

●読書環境を整える
→ どこで読むか?
→ どのような姿勢で?
→ 毎日、特定の時間を決めて読書をすると良い

良いビジネス書…人を勇気づけ、やる気にさせてくれるチカラがある

●完璧主義を捨てる
… 課題や目標にとって必要な情報が得られれば充分

●1冊の内容を俯瞰する
→ 著者のプロフィール、帯、表ソデ、まえがき、目次、あとがき

●ダメな本はすぐに捨てる
→ 捨てても1000~2000円ほど。それよりも時間のほうが大切

●ストックは切らさない

第4章 読んだままで終わらせるな!

・今は人と違う結果を出すためにはどうすればいいのかについて新しいやり方を考え実行することが勤勉であり、最も短い時間で成果を出すための工夫をすることが努力である。
・待ってはいけない。絶好の時など無い。今いる場所からスターツぃ、自分の使える道具を使おう。そうすれば、やがてもっと良い道具が見つかるだろう

●読んだ内容を忘れてしまう理由
①ポイントをメモしなかった
②実行しなかった

・知識に経験が加わって初めて、物事を出来るようになる。
・成果を上げる人に共通しているのは、自らの能力や存在を成果に結びつける上で必要とされる習慣的な力である
→ 成果を上げることは1つの習慣である。習慣的な能力の集積である。

ドンドン実戦で活用していく
読んだ本は、よほどの良書でない限りはもう読み返さない。

 

【読書メモ】ミリオネア・マインド ―大金持ちになれる人― ハーブ・エッカー、本田健


ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

本田さんの本(著・訳含む)は何冊か読ませていただいています。

この本も何度か読んだことがあるのですが、
今回で内容を纏めて、手元の本については断捨離しようと思います。 続きを読む 【読書メモ】ミリオネア・マインド ―大金持ちになれる人― ハーブ・エッカー、本田健

【読書メモ】一流の人の歯は、なぜ白いのか

・自分をどう見せるかを意識する
・笑顔は白い歯があってこそ映える
・やり手な人ほど、目の前にいる人物が「どのような人物か」を厳しくチェックしている

<歯科を選ぶ際のポイント>
初診時の問診・検査に充分な時間を取る
患者の経済状況に見合う治療・ケアを行ってくれる
分かりやすい説明。どんな質問にも嫌がらずに答えてくれる
→情報を包み隠さずに教えてくれる医師ほど、腕に自信がある?

×…
スタッフが頻繁に入れ替わる
高額医療ばかりすすめる
極端に短い説明・治療時間
サンプルやレントゲンを用いて説明を行わない

・タバコは歯を黄ばませるのでやめよう。
・ブラッシングには気分をリフレッシュさせる効果がある
・食べている時間と食べない時間を分ける
・口呼吸していないかのチェック

生理的口臭
睡眠時には唾液の分泌量が少なくなるため、起床時には口臭が気になる
→朝食後にきちんと歯磨きを行えば問題ない

・キシリトール配合のガムでも50%以下だとあまり意味が無い

着色性食品…緑茶、烏龍茶、コーヒー、赤ワイン、コーラ、ソース、ケチャップ、ブルーベリー、カレー
着色性補助食品…アルコール飲料、スポーツドリンク、炭酸飲料、ホウレン草、クエン酸、シュウ酸
→これらを同じタイミングで摂取しないこと

⇔歯を白くする食品
パパイヤ(パパイン)
オレンジ、パイナップル(ブロメライン)
イチゴ(リンゴ酸)
ニンジン、セロリ、ゴボウ(摩擦w)
乳製品(コーティング効果)

食後に食べかすが歯にこびりつかない物を選んで食べる
噛む回数の多くなる食事にしよう(噛みごたえのあるもの)

寝る前には必ずブラッシングをするように!

歯ブラシの交換は1ヶ月に1回が目安

ながら磨きはオススメ
→過度に力が入らなくて済む

ホワイトニング
オフィスホワイトニング…即効性がある、知覚過敏になる虞れがある
ホームホワイトニング…2時間着用×2週間。欧米では就寝時に着用するケースが多い


一流の人の歯は、なぜ白いのか?