新型コロナウイルス対策の助成金

リンク

自分に関連しそうな助成金は?

上記のリンクを見たところ、

特別定額給付金(10万円)
持続化給付金(?万円)
東京都感染拡大防止協力金(50万円)
小規模事業持続化補助金 → 難しいかな?
IT導入補助金(C類型・特別枠)【法人向け】 → 対象外かも
事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 → 対象外

という感じ。
太字にした3つに対して申請してみようと思います。

サイトのメンテナンス

序論

先日、パーマリンクの設定を変更したので、
以前から使用していたリンクが切れてしまった。

それを直すついでに、リンク関連の見直しをしてみた。

本題

Broken Link Check

まずはリンク切れとなっている URL を正しいものへ。

数としては60個ほど。

昔(2011年〜2012年頃)は、
よく記事同士でリンクを貼っていたので、
その頃の記事の修正が主だった。

最近はあまりリンクさせていないので、
修正する物が少なかった。

Redirect Check

Broken Link Checker には、
リダイレクトを検知する機能もあるので、
170個ほどあったリダイレクトもついでに修正。

・http → https への変更
・画像 URLの変更
・www の付与/削除
・新製品へのリンクの変更(メーカー)

が主だった内容だった。

結論

時間としては1時間ほどで終了。
これで少しはページの読み込み速度やページランクが上がれば良いのだが…。

SHARPのマスク申込用のプログラミングを書いてみた

申込み時の問題点

・サイトに繋がりにくい
・名前、メールアドレス、電話番号の入力が手間

ということで、Python でプログラミングを書いてみました。

実装

Selenium, ChromeDriver, Time を使用してサクッと書き上げる。
GitHub のリンクはこちら

結果

・記入事項の入力はできたものの、reCaptchaに阻まれる…
・手動でreCAPTCHAを入力しても、Chrome を自動で動かしているからか、延々と画像が表示される

手入力でアクセス&入力しても 502 / 503 エラーで応募できないので、打つ手なし。

パーマリンクの設定を変更

パーマリンクの設定テスト

変更前: /2020/04/sample-post/
変更後: /%year%%monthnum%%day%/%postname%/

結果

本投稿の URL は
https://shotayamane.com/20200422/test-2/
となった。

test-2 となったのは、
本投稿の元々のタイトルがtestであったことと、
以前に同様のタイトルの投稿があったからと考えられる。

無事に思った通りの URL になったので成功。