「WordPress」カテゴリーアーカイブ

サイトのメンテナンス

序論

先日、パーマリンクの設定を変更したので、
以前から使用していたリンクが切れてしまった。

それを直すついでに、リンク関連の見直しをしてみた。

本題

Broken Link Check

まずはリンク切れとなっている URL を正しいものへ。

数としては60個ほど。

昔(2011年〜2012年頃)は、
よく記事同士でリンクを貼っていたので、
その頃の記事の修正が主だった。

最近はあまりリンクさせていないので、
修正する物が少なかった。

Redirect Check

Broken Link Checker には、
リダイレクトを検知する機能もあるので、
170個ほどあったリダイレクトもついでに修正。

・http → https への変更
・画像 URLの変更
・www の付与/削除
・新製品へのリンクの変更(メーカー)

が主だった内容だった。

結論

時間としては1時間ほどで終了。
これで少しはページの読み込み速度やページランクが上がれば良いのだが…。

パーマリンクの設定を変更

パーマリンクの設定テスト

変更前: /2020/04/sample-post/
変更後: /%year%%monthnum%%day%/%postname%/

結果

本投稿の URL は
https://shotayamane.com/20200422/test-2/
となった。

test-2 となったのは、
本投稿の元々のタイトルがtestであったことと、
以前に同様のタイトルの投稿があったからと考えられる。

無事に思った通りの URL になったので成功。

AdSense とサイトの関連付けを忘れていた

エラー発生

AdSense にログインしてみたところ、
エラーが出ていた。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

対策

まず、ウェブサイトに ads.txt ファイルを作成するために、
以前から使用していた Ad Inserter のプラグインの設定内容を確認。

Auto Ads の部分を参照し、
Virtual File として ads.txt の内容を書き込みました。

設定ミスが発覚

その際に併せて設定内容を確認したところ、
自分のサイトとアドセンスを紐付ける際に設定するコードが Disabled になっていました。

そのため、設定方法を今一度確認(Connect your site

設定方法

Step-by-step instructions for Auto ads on all pages:

  • Click on the last tab (gear icon  – general plugin settings)
  • Click on the tab Header (for code in the <head></head> section)
  • Paste AdSense code for Auto ads into the code window
  • Click on the Enable button above code window to enable header code (green light must be on)
  • Click on the Save Settings button to save settings

とのことだったので、Block の部分ではなく、
ギアマークの所からヘッダー部分のみに埋め込む設定に変更しました。

その後…

数時間で設定が反映されると思うので、
後ほど、広告が表示されるかどうかを確認したいと思います。

AMP には別途設定が必要らしい…汗)