「Technology」カテゴリーアーカイブ

Gaming PC

秋葉原のドスパラへ

パソコン等の電子機器といえば秋葉原

高校時代からの友人が、
”自作PCが欲しいならドスパラが良いよ”
と(随分前に)言っていたのを思い出したので、
秋葉原へ。

現在のPC構築スキル

PCのことは分かっているような分かっていないような…
というような状態。

  • HDDよりはSSDの方が早い(でも高い)
  • CPUは Intel と AMD の2つがある
  • ゲーム用途だと後者の方が人気がある
  • グラボの相場は高騰している
  • メモリは32~64GBくらいあれば可
  • フルHDでヌルヌル動けば良いや

くらいの知識&認識。
ドスパラの店員さんと話していて分かったのは、

  • M.2 なる規格があり、そこに差すSSDはスティック型
  • AMDのCPUはCPU側にピンがある
  • Intelはマザーボード側にピンがあり、折ると大変
  • マザーボードにも規格がいくつかある。
  • ランクもある
  • 発熱量が多いCPU, グラボを使う場合には(簡易)水冷モデルのCPUクーラーがおすすめ

といったことだった。

この日は一旦見積もりだけ貰って帰宅することに。

Gaming PC

To Do List

そういえば、
以前から To Do List の中に”ゲーミングPCの購入”が入っていた。

先日、休日中にずっと雨が降り続いていた際に、
連日 Switch でゲーム(スプラトゥーン2)をやっていた。

その時間を収益化したらどうなるんだろう?
と思い、ストリーミングやキャプチャーの方法を探す。

キャプチャーボード

現在、メインで使用しているのは主に Mac。

高性能なグラボが備わっていないため、
キャプチャーボードを使用するとしたら外部で処理してくれるものが必要とのこと。

Elgato HD60 S

Elgato 製のゲームキャプチャー HD60 Sを購入してみたは良いものの、
現在まで開封すらしていない笑

やはりWindows機が欲しい

MacBook や iMac でゲーム配信・実況をするとなると、
どうしても割高になる(デザインは良いが)。

というわけで、
本格的にゲーミングPCを探すことにした。

SQLサーバーの更新

WrodPressの管理画面上のサイトヘルスステータスにて、
MySQL のバージョンが古いとの警告が出ていた。

サーバーにログインして深夜帯にバージョンアップさせ、
その後は【WordPress】ウェブアプリケーションの設定変更の内容に従って、ホスト名を編集。

保存後も問題なくページが表示されているので、
問題なく更新が終わった模様。

続きを読む SQLサーバーの更新

HP更新

ビジネス用のホームページの更新をした。

テンプレートは以前使っていたものから
よりシンプルであり WordPress 純正の TwentyTwenty に変更。



デザインはすごいシンプルになって、
ページの読み込み速度も若干速くなったような気がする。

後は画像を配置して見栄えを良くしたり、
レイアウトやUIの調整をしていきたいと思う。


一方、個人のホームページの方は
まだまだ改善の余地があると思う。
特にレスポンシブに対応してないのは致命的かなと思っている。

insecam

Insecamで世界中の防犯カメラ映像を見れる

防犯カメラ映像をのぞき見できてしまう「insecam」レビュー、日本の防犯カメラも1000台以上リアルタイムで盗み見可能

iPad で使用していたニュースのキュレーションアプリ上に insecam の記事が出てきた。

国や場所のカテゴリ毎に、カメラの映像がまとめられており、クリックすれば誰でも見ることが可能みたい。

人気順で見ようとしたものの…
Chromeだとサムネイルが表示されない…

Safari でも見ることができたが、あまり面白そうな映像はなかった(時間帯にも寄るのかな)

辰巳PA や芝浦PA, 大黒PA にカメラがあって、
一般の人でもライブで視聴できるのが会ったら面白いんだけどなぁ。

サイトのメンテナンス

序論

先日、パーマリンクの設定を変更したので、
以前から使用していたリンクが切れてしまった。

それを直すついでに、リンク関連の見直しをしてみた。

本題

Broken Link Check

まずはリンク切れとなっている URL を正しいものへ。

数としては60個ほど。

昔(2011年〜2012年頃)は、
よく記事同士でリンクを貼っていたので、
その頃の記事の修正が主だった。

最近はあまりリンクさせていないので、
修正する物が少なかった。

Redirect Check

Broken Link Checker には、
リダイレクトを検知する機能もあるので、
170個ほどあったリダイレクトもついでに修正。

・http → https への変更
・画像 URLの変更
・www の付与/削除
・新製品へのリンクの変更(メーカー)

が主だった内容だった。

結論

時間としては1時間ほどで終了。
これで少しはページの読み込み速度やページランクが上がれば良いのだが…。

SHARPのマスク申込用のプログラミングを書いてみた

申込み時の問題点

・サイトに繋がりにくい
・名前、メールアドレス、電話番号の入力が手間

ということで、Python でプログラミングを書いてみました。

実装

Selenium, ChromeDriver, Time を使用してサクッと書き上げる。
GitHub のリンクはこちら

結果

・記入事項の入力はできたものの、reCaptchaに阻まれる…
・手動でreCAPTCHAを入力しても、Chrome を自動で動かしているからか、延々と画像が表示される

手入力でアクセス&入力しても 502 / 503 エラーで応募できないので、打つ手なし。