e46のインスペクションのリセットが簡単だった話

たまたまこちらの方の動画を見ていたら、
サービス(Inspection)の表示の消し方について
語っていたので、我が家の車でも試してみました。

コメント欄に

トリップメーター・リセットボタン(メーターパネル・左のボタン)を押したまま、エンジンスイッチを1/ACC(電源 ON)にします。

ディスプレイ左の表示が「__tESt」に変わりますが、左ボタンは押したままです。

ディスプレイ左の表示が「_rESEt」に変わったら(約5秒)、一旦左ボタンを離します。

「_rESEt」の表示が点滅を始めるので、もう一度左ボタンを押します。

表示が「End」に変わり、リセット終了です(↓画像:左)。

一旦エンジンスイッチを切って、電源を入れ直してください。

「OIL」と「INSPECTION」が切り替わり、残距離数が25000kmとなっています。

操作タイムアウトになったら、一旦電源を切って、やり直してください。

すぐの再リセットはできません。「__tESt」の次は状態表示となります(↑画像:右)。

となっていたがちょっと分かりにくかったので、
こちらのみんカラの記事を参照したところ、
無事にリセットすることができました。

とっても単純ですね〜!(^^)

コメントを残す